タイトルバー
TOP
CONCEPT
PRODUCT
サロン販売用商品
業務用商品
サロン用機材
トリートメント理論
トリートメント技術編
Q &A
CONTACT US
PRODUCT
トリートメント理論
アミノシールド 究極のトリートメント・システム
◎毛髪をつくるアミノ酸は3タイプ
毛髪の主成分であるケラチン(タンパク質の一種)は、18種類のアミノ酸から成っています。タンパク質を構成するアミノ酸は酸性アミノ酸、中性アミノ酸、塩基性アミノ酸の3タイプに分けられますが、髪の成分中のおおよその割合は、「酸性:中性:塩基性=22:66:12」となっています。「髪は弱酸性」というのは、アミノ酸レベルで酸性が若干まさっていることからきています。

◎毛髪は3層構造
毛髪の断面を電子顕微鏡で見ると、例えて言えば、食べ物の「かんぴょうの海苔巻き」のような3層構造をしています。表面を覆っている部分がキューティクル(毛上皮)で、これは海苔巻きの海苔にあたります。
中心にはメデュラ(毛髄質)という芯状のものが通っており、海苔巻きで言えば具(かんぴょう)の部分です。この2つの部分の間にある、海苔巻きのご飯にあたるところを、コルテックス(毛皮質)といいます。海苔巻きの大部分がご飯であるように、毛髪の大部分(85〜90%)を占めるのはコルテックスです。

◎毛髪の性質を決めるコルテックス
コルテックスは、コイル状に細長く伸びた繊維細胞(「フィブリル」)が互いにからみ合って、束のようにできています。健康な毛髪では、その繊維質の間に、軟質ケラチンを主体とした皮質間充物質(「マトリックス」)がつまっています。毛髪が本来持つ、ひっぱり強さと弾力性の理由は、この構造にあります。また、毛髪の色を決定するメラニン色素も、コルテックスにあります。サロンで行う、コールドパーマのウェーブやヘアカラーの染色の効果は、それぞれの液剤の働きにより、コルテックスが反応した結果としてあらわれるのです。

髪を内側から補修するアミノシールド
◎本来のトリートメントとは
トリートメント(補修)とは、髪のどこを補修するのでしょうか? 髪の健康や損傷を語る場合、毛髪の外側にあるキューティクルだけが取り上げられることが、多いように見受けられます。しかし、損傷がひどくてパーマやカラーがうまくきまらない髪では、マトリックスが外部に流出して、コルテックスに空洞化が生じてしまっています。このようなダメージヘアでは、毛髪の外側だけでなく内側にも作用して、コルテックスを改善するトリートメントが必要です。

◎PPT(高分子たんぱく質)による髪の内側の補修への疑問
毛髪の内側を補修する場合、流失した部分を補充する成分を内部に入れることが必要です。従来行われているトリートメントの中には、PPT(高分子タンパク質)を毛髪内部に入れて補充することにより、毛髪を内側から補修するというものがありますが、PPTは、それ自体が既に完成されたタンパク質です。トリートメント処理によってPPTが毛髪内部に入ったとしても、毛髪内部に元々あるタンパク質とは異種のものであるため、内部での定着は難しく、洗い流すことにより流出しやすいと考えられます。果たして、PPTを内部に入れることで、髪は内側から補修されていると言えるのでしょうか?

◎アミノシールドはアミノ酸を髪の中に入れて補修する
毛髪を内側から補修するために、アミノシールド トリートメント・システムでは、タンパク質の元となるアミノ酸を毛髪の内部に入れて、毛髪の内側で擬似ケラチンを形成し、損傷による流出部分の補充成分を作り出します。この擬似ケラチンを形成する原理は、酸性・塩基性の2種類のアミノ酸水溶液を順番に髪に塗布することにより、そこに含まれる酸性・中性・塩基性のアミノ酸を毛髪内部に浸透させて、アミノ酸同士で化学反応を起こさせるというものです。毛髪内部への定着という点では、この擬似ケラチンが外から入れるのではなく、内部で形成されるものであるため、内部への同化・定着が進みます。したがって、洗い流しても流出しづらく、内部補充成分として中に留まりやすいことが期待できます。また、毛髪内部への浸透度という点でも、アミノ酸はタンパク質の元となる低分子の物質であるため、より高い効果が得られます。

ここで、その原理が、実際の施術にどのように応用されているかについて、簡単にご説明します(より詳しい施術の手順については、トリートメントの流れをご参照ください)。先に、酸性アミノ酸と中性アミノ酸をバランスよく配合したアミノシールド プラスを髪に塗布して、酸性を主体とするアミノ酸を毛髪に浸透させます。次に、塩基性アミノ酸と中性アミノ酸をバランスよく配合したアミノシールド マイナスを髪に塗布し、塩基性を主体とするアミノ酸を毛髪に浸透させて、すり込みます。

この結果、毛髪に浸透したアミノ酸同士が化学反応を起こして結合し、擬似ケラチンを形成します。形成された擬似ケラチンは、毛髪の内側ではフィブリルとマトリックスの代替物質となり、空洞化したコルテックスを中から充填します。また、外側では毛髪表面にタンパク質の膜を作って、キューティクルの代替物質となります。この段階では、擬似ケラチンの定着が弱く、髪の表面も滑らかではないため、髪のハリ、コシ、ツヤは不十分です。

そこで、髪を加温して脱水処理を行った後、テンションをかけたブローを行うことにより、タンパク質が熱により変成する性質(「熱変成作用」)を利用して定着させ、髪にハリ、コシ、ツヤを生み出します。その結果、内部まで損傷したダメージヘアも、「天使の輪」を持つバージンヘアに輝くことが可能となります。
今までサロンで受けてきたトリートメントに不満や疑問をお感じのお客様には、ぜひとも、このアミノシールド トリートメント・システムをお試しいただきたいと思います。髪が内側から補修されて、自然なハリ、コシ、ツヤを取り戻したという実感を、きっとお持ちいただけることと、自信を持ってお勧めします。

■アミノシールド 取扱サロンについて
| 会社概要 | 企業理念 | 採用情報 | 個人情報保護・サイトの利用条件 | サイトマップ | Copyright(C) 2006 TORRENTS Co.,Ltd. All Rights Reserved.