アミノシールドトリートメントシステム
<基本施術>参考資料

※右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」してください

<新解釈> アミノシールド“極み”トリートメント

"極み"トリートメントとは?

従来の施術手順に研究を重ね、新たに生み出された最新式の手法によるトリートメントシステムです。基準システムとは一部使用する薬剤や手順が異なります。

① プレシャンプー​

頭皮を刺激しないように髪についているものをソープRCでリセットする位に優しく洗います。

※他社製のシャンプーでも問題ありませんが、シリコンやコーティング作用のあるものはお控えください。

② タオルドライ + プラチナローズを塗布

タオルドライ後に [ プラチナローズ ] を髪全体に塗布すると仕上がりが更によくなります。

③ アミノシールドCMC LEOを塗布

ショートで1プッシュ、セミロングで2プッシュ、ロングで3プッシュを手に取り髪全体に馴染ませる様につけましょう。


(CMC LEOを付けてから髪をとくと、とてもとき易くなります) 

④ アミノシールド [ マイナス ] を塗布

よく髪になじむように塗布します。
(バックは6パネル、サイドは4パネルぐらいでいいでしょう)
含ませる様に塗布すると良いでしょう。


(塗布後にコーミングは、しないようにして下さい。)

⑤ アミノシールド [ プラス ] を塗布

よく含ませながら、すり込む様に振動を与えて下さい。


(全て塗布し終わったらしっかり絞って1~2回コーミングして下さい。)

point 1. 「たっぷり馴染ませ、しっかり絞る」

[ マイナス ] をたっぷりと揉み込むようになじませたら、すかさず [ プラス ]を同じように馴染ませます。

​その後、しっかりと絞ってください。

point 2. 「疑似ケラチン」

全ての塗布が完了したら、コーミングを行いますが、この時に髪の内部と表面に発生した疑似ケラチンの余りが、コームに付着しはじめます。

⑥ 再びアミノシールドCMC LEOを塗布 + アイロン

アイロン(ウェットタイプのアイロン使用)で
スライス2、3cm取って滑らす程度に1~2回プレスします。

(ハリ・コシを与えるならCE・しっとりさらさらに仕上げるなら​CMC LEOがおすすめです。)

point 3. 「アイロン」

アイロンの温度は80~100度位がいいでしょう。

また、ウェットタイプのものを使用してください。

写真のようにラップを巻いて使用すると、アイロンを汚さずに施術できます
 

⑦ プレーンリンス&タオルドライ

軽く流し、EXAまたはCOEを塗布して軽くすすいででください。

施術後カラー・パーマをするなら [ アミノシールド COE ] を。

そのまま仕上げるなら[ アミノシールド EXA ] がオススメです。

point 4. タオルドライ後のプラチナローズ」

タオルドライ後、プラチナローズを髪全体に塗布すると更に仕上がりが良くなります。

⑧ CMC LEO 又は CE を塗布してドライ

髪全体に馴染ませるように塗布しましょう。最後に、お客様に合わせたスタイリングにして完成です。


(カラー・パーマ・縮毛矯正は全ての工程が終了してから行ってください)

以上で、アミノシールド“極み”トリートメントシステムの完成です。

​より詳しい内容や質問は、弊社までお問い合わせください。​

施術前

施術後

◯サロン様向け技術書

※印刷してご利用下さい

※右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」してください

 
アミノシールド“極み”ストレート
アミノシールド“極み”ストレート